資格を獲得してから働こう

正しい知識を持つことが大切

将来は薬剤師を目指そう

薬剤師は薬の調合をしたり、販売をする仕事です。
薬局でも働けますし、病院に勤務することもあります。
資格を持っている人なら誰でも活躍できますし、需要がある仕事です。
出産などで一時的に職場を離れていた女性が、仕事に復帰する時にすぐ勤務先を見つけることができるでしょう。
一生安定した生活を送れるということで、薬剤師の資格を獲得する人が増えています。

病院で働く際は、入院患者に薬の説明をすることもあります。
医師や看護師と協力して、患者の容態を良くするという意識を持ってください。
患者の情報を、共有することが大切です。
勝手に治療を進めると、容体がさらに悪化する可能性があるので絶対にしないでください。
意見があれば、医師や看護師に伝えてください。

登録販売者とは何か

薬に関する勉強をたくさんして、登録販売者になるのも良いと思います。
誰でも試験を受けることができます。
ですからこれまでまったく別の仕事をしていた人が、登録販売者に転職したいと思って勉強を開始することもよくあります。
試験に合格すれば資格を得られるので、登録販売者と名乗れます。
しかし、まだルールが決まっているのでよく確認してください。

登録販売者になってから、仕事を2年以上経験しないと1人で薬を販売することはできません。
それまでは薬剤師や、先輩の登録販売者のお手伝いなどをして経験を重ねます。
長い年月を重ねて、ようやく一人前の登録販売者になれます。
働かないとわからないこともあるので、積極的に業務に取り組んでください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る